求人転職サイトの今。

転職エージェントに求人を載せる会社側と、求人転職サイトで仕事を探す求職者側の両方の立場を、ここ数年の間に味わうことになった。
そこで、求人転職サイトの裏表を見てしまったような気がする。

 

求人転職サイトの求人は、どうやって集められているのか。
求職側しか知らなければ、不思議に思うことだろう。集め方は、大きく分けると2つだ。
1つは、営業が、過去に掲載した企業から取ってくる場合。
そして、もう1つは、求人を行う会社からの問合せや申し込みだ。

 

しかし、このような求人の集め方んは、問題がある。
どうしても、同じ会社の求人が繰り返し掲載されてしまうのだ。会社の業績が安定していて、社員の離職率が低い会社は、新入社員の入社で充足されるので、転職サイトに情報は上がらない。

 

すなわち、求人転職サイトに求人を出す会社は、業績が急成長していて、増員しなければならない会社か、何らかの理由で、離職率が高いかのどちらかなのだ。
求人転職サイトへの掲載は、長期間ほど安くなるパック価格になっている。
しかも、このパックは、掲載する期間の合計で金額が決まっている場合が多い。
その為、掲載した求人の採用が決まれば、一旦、掲載を止め、必要があれば、再度、募集が始まることになる。

私の転職理由

私は今まで7社で働いてきました。1社平均1年間くらいの勤務で退職しています。何でこんなに転職しているかというと、会社の上司と不倫関係になってしまい毎回退職を余儀なくされるからです。

 

私が悪いのか、どうしたらいいのか判りませんが、気付くといつもそんな感じになってしまっています。ですので、今回の転職先は女性の職場であるエステサロンにしました。社会人として、同じ会社で3年間勤めると信用が得られるということですので、今回こそは3年間以上続けて働こうと思っています。

 

ちなみに職種もいろいろやりましたが、一番きつかったのはやはり営業でした。毎日残業残業で、自分に気を遣う暇もありません。

 

逆に、一番楽だったのは会社の受け付けです。しかも会社のお金で英会話も習わせてもらっておりましたので、かなり自分にプラスになりました。

今はネットでも検索できるハローワーク